【レビュー】Switch Bot Hub mini で、スマートな生活ができる!?

ヨナン
ヨナン

 以前に、スマートホーム化について、記事にしたけど、その後どうなったの??

 まずは、「Switch Bot Hub mini 」を使用した、感想を知りたいなぁ!

本日のお悩み!!

①Switch Bot Hub mini とは?

②メリットとは?

③デメリットは?

お悩みの解決!!

①Switch Bot Hub mini とは?

 スマートリモコンの一種で、赤外線リモコン付きの家電を、スマホ専用アプリから、操作可能にします!

②メリットとは?

 ・外出先から操作できる!

 ・家電のリモコンを1つにできる!

 ・スケジュール機能が便利!

③デメリットは?

 ・対応していない家電がある!

 ・設定がめんどくさい! 

 ・設置場所に注意が必要!

 前回の記事を読んでいない、あなた!!

 まずは、【アレクサ】賃貸マンションをスマートホーム化して!!をお読みください!!

1.SwitchBot Hub mini とは??


1-1 購入したSwitchBot Hub mini !!

 スマートリモコンの一種で、赤外線リモコン付きの家電を、スマホ専用アプリから、操作可能にします!

 つまり、この製品さえあれば、リモコンが必要なくなります!!


1-2 価格はいくら?

 定価の場合は、「Switch Bot Hub mini:3,980円(税込)です!

 意外と安くないですか?

 また、Switch Bot製品は、定期的に、セールを実施しています。

 もし、購入する際は、セールのときに購入することをオススメします!!


1-3 Switch Bot Hub plusとは?

 SwitchBot Hub mini について、調べていくと、「Switch Bot Hub plus」という商品が出てくると思います。

 この2つは、下記の要素に違いがあります。

プラスとミニの違い!!

①電源の取り方

「SwitchBot Hub Plus」は、ACアダプター

②外観

「SwitchBot Hub Plus」は、雲形

③LED

 「SwitchBot Hub Plus」は、専用アプリで、LEDの点灯のしかたを細かく設定することが可能だそうです。

④価格(定価)

 「Switch Bot Hub plus:5,980円(税込)」

 ヨナンは、「LED」よりも、値段の安いSwitchBot Hub mini にしました。

2.SwitchBot Hub miniの形状は?

 全体的に見ると、とてもシンプルです!

どんなお部屋でも、合いそうです!!

2-1 同梱物

 同梱物は、「本体」・「USBケーブル」「クイックスタート説明書」・「テープ」です!


2-2 正面 

 10円玉と比較するとわかりますが、とても小さいです!


2-3 裏面

 画鋲などで、壁に固定できます!


2-4 上部

 上部にうっすらと見えますが、ひとつボタンがあります。

 初期設定や家電リモコンを認識させる際に使用します。


2-5 下部

 下部にはUSB端子があります。ここに付属のケーブルをつなぎます。

ただし、「USB電源アダプタ」を別途購入する必要があります!

3.口コミと評判

 Twitterの評判をまとめてみました。

4.家電のリモコン操作を学習させる!!

 

SwitchBotアカウントを作成する!

 SwitchBotのアカウントを作成し、ログインします!

本体の上部ボタンを長押しする!

 本体のボタンを表示灯が点滅するまで長押しします。

 その後、Wi-Fi情報(2.4GHz帯のみ)を入力します。

接続完了

 アプリに、「SwitchBot Hub Mini」のアイコンが表示されます。

新しいデバイスを追加する! 

「SwitchBot Hub Mini」のアイコンをタップして、「新しいデバイスを追加する」をタップします。

リストから家電を選択する!

 登録する家電の種類をタップします。

その後、家電のメーカーを選択します!

学習モードを選択する!

 ボタン1つで、設定できる「スマートラーニング」または、手動で、設定できる「マニュアルモード」から選択します!

学習させる!! 

 表示灯が消えたら、リモコンのボタンをハブミニに向けて押します。

 (数回、失敗しがちです。)

 家電の起動テスト!!

 アプリのボタンを押して、家電が正しく起動するか確認します! 

 良ければ、保存し、設定完了です!

 

 1度設定してしまえば、アプリから操作したい家電のアイコンをタッチすれば、操作可能です! 

5.メリットは??

 ヨナンが、感じた「SwitchBot Hub mini」のメリットをご紹介していきます!


5-1外出先から操作できる!

 ヨナンの場合は、これを1番の目的として購入しました!

 今年は、寒波が襲来しています。帰宅する前に、エアコンのスイッチ遠隔でオンにすれば、部屋が暖まっています! 

既存のタイマー機能じゃダメ?

・帰宅時間が変更になる場合がある。

・既存タイマーは、1h単位の設定しかできない。

・既存タイマーは、10時間後までしか設定できない。


5-2 家電のリモコンを1つにできる!

 リモコンって、かなり数が多くなりませんか?

 ヨナン家のリモコンは、全部で「6個」もあります!

 それを、スマホ1台に集約できて、簡単に管理できるようになります!

 また、スマホは常に手元にあるので、失くす心配もありません(笑)


5-3 スケジュール機能が便利!

 「SwitchBot Hub mini」のアプリには、スケジュール機能があります!

 ヨナン家では、朝のルーティンを自動でできるようにしています。

ヨナン家の朝のルーティーン!

①エアコンをつける(起床の30分前)

②テレビをつける

③電気をつける

 朝起きたら、暖かい部屋で、テレビもついて、電気がついています!

6.デメリットは??

 続いてヨナンが感じた「SwitchBot Hub mini」のデメリットをご紹介していきます!


6-1 対応していない家電がある!

 ヨナン家の場合は、ディスクプレイヤーが古いためか、起動せず。

 マニュアル操作でも反応しませんでした。  

 しかし、アプリのプロフィール欄に、「フィードバックお待ちしています」との記載がありました!

 そこで、出来るようになればラッキーの感覚で、問い合わせしてみました!

 ※返信があれば、今後追記します!


6-2 設定がめんどくさい! 

 設定がめんどくさいと感じました。

めんどくさいポイント

①接続するWi-Fiが、「2.4GHz帯のみ」

②ボタンを記憶させるとき、たまにタイムオーバーとなる。

③家電の種類によっては、1つずつ記憶させなければならない。

 「SwitchBot Hub mini」は、接続するWi-Fiが、「2.4GHz帯のみ」です!

 それを知らずに、ずっと「5GHz帯」で接続し、エラーになっていました(笑)

 ただ、慣れてしまえば簡単です!


6-3 設置場所に注意

 赤外線の届く範囲は、約1部屋分です!

 そのため、部屋が別々の場合、複数の「Switch Bot Hub mini」が必要になる可能性があります!

7.アレクサで、家電を音声操作してみよう

 ヨナンは、「Switch Bot Hub mini」と一緒に、アレクサを連携して、音声で家電を操作できるようにしています!

  ゴロゴロしているときやスマホを充電中のときに重宝しています!

 ちなみに購入したのは、『Echo Show5』という機種です!

 ※近いうちに、こちらのレビュー記事も投稿予定です!

8.まとめ

 最後に、もう一度今回の記事を振り返ります!

お悩みの解決!!

①Switch Bot Hub mini とは?

 スマートリモコンの一種で、赤外線リモコン付きの家電を、スマホ専用アプリから、操作可能にします!

②メリットとは?

 ・外出先から操作できる!

 ・家電のリモコンを1つにできる!

 ・スケジュール機能が便利!

③デメリットは?

 ・対応していない家電がある!

 ・設定がめんどくさい! 

 ・設置場所に注意が必要!

 この記事が、あなたの参考になりますように!